量子物性   

  (ブラウザによっては正しく表示されないことがあります)

物質が示す性質は日常のマクロな世界の常識とは異なる原理により支配されています。
超伝導や、それをもたらすのと同じ原因から逆に絶縁体に変わる現象(電荷密度波転移)は
その典型的な例です。
 量子物性グループでは、X線や中性子線を当てて物質の構造や内部での原子の運動を
調べることにより、物質の持つ性質およびその変化(相転移)の原因を解明する研究、
低次元導体・(高温)超伝導体などの電気的・磁気的性質や熱的性質を調べることにより、
その性質をもたらす機構を解明する研究を行っています

  メンバー

        藤下 豪司   (教授)      研究者紹介データベースへ
        金子 浩     (助教)      研究者紹介データベースへ
        荒井 優弥   ( M 1
        高野 駿太郎 (
M1)
        玉井 わかな ( B4 )   
        坪坂 未久   ( B4 )
  

   協力者:    岡本 博之 (医薬保健研究域准教授研究紹介データベースへ


        過去のメンバー2
        過去のメンバー1



研究内容


 X線・中性子線による相転移の研究

 

   主に使用する装置:

     実験室のX線回折計の例 

      SPring-8のX線回折装置の例

        ビームライン

         BL02B2(粉末カメラ)  BL02B1(単結晶用回折計)
      KEK-PF(高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所
        放射光科学研究施設)
         実験ステーション
      原子力研究開発機構の中性子散乱装置
        研究用原子炉(JRR-3)の中性子散乱装置
           機構管理の装置詳細 (HRPD, TAS-1,2, LTASなど)
           大学管理の装置詳細 (GPTAS, PONTA, HERMESなど)

        大強度陽子加速器 (J-PARK)
           物質・生命科学実験施設


   研究テーマの例
    ・高温超伝導体の構造変化
    ・構造相転移における超格子反射強度と格子歪み
    ・構造相転移における原子変位と現象論
    ・最大エントロピー法による電子・原子核密度分布
    ・PZTのモルフォトロピック相境界の構造変化
    ・GaAs-Siナノワイヤー薄膜の評価
    ・高圧アンビル用天然ダイアモンドの3次元トポグラフ法による完全性評価

    ・BEDT-TTF系有機伝導体のX線トポグラフィ
    ・放射光X線屈折コントラスト法による物質内部の観察



 超伝導・低次元導体などの物性

 
    主に使用する装置:   
           
     ☆ 電気抵抗測定装置
     ☆ 熱電能測定装置
     ☆ 比熱測定装置
      ホール係数測定装置
      ☆ パルスレーザーによる過渡熱起電力測定装置
      物理特性測定システム(カンタムデザイン PPMS)
      磁気特性測定システム(カンタムデザイン MPMS


   研究テーマの例
    ・AxNb3Te4系 の電気抵抗・比熱・熱電能・臨界磁場

    ・パルスレーザーを用いた過渡熱起電力測定装置の作成と測定

    ・高温超伝導体異常金属相の輸送磁気現象
    ・強相関電子系の輸送現象


       実験室風景
       研究室風景



    
 

   2015年 博士論文:X 線回折による鉄系超伝導体 Sr4V2Fe2As2O
6-δ
          自発歪みの研究
   2014年 KTaOの量子常誘電性
          SrTiOの量子常誘電性
          屈折コントラスト法における屈折角分解能のサイズ効果
   2013年 X線回折による高温超伝導体YBaCu6.8
          自発歪みの研究
           Si基板上にナノワイヤーから成長させたGaAs薄膜の評価
   2011年 X線回折による鉄系超伝導体NdFeAsO0.890.11
          自発歪みの研究
          人工ダイヤモンド結晶中の格子欠陥
          NbドープSrTiOの電子物性測定とフェルミ液体論による
          解析
   2010年 La1.86Sr0.14CuO の構造相転移における自発歪み
           新しいバーガースベクトルを有する天然水晶中の転移
   2009年 擬一次元導体
InNbTeにおける過渡熱起電力測定 
   2008年 X線屈折コントラスト法によるチタン中の水素化物の観察
          石英の原子変位に対する量子効果の研究

          BCS超伝導体 Ba0.60.4BiO の自発歪み 
   2007年 擬一次元導体
NbTeにおける過渡熱起電力測定
   2006年 高温超伝導体 La2-xSrCuO の格子歪み

       
     T構造 Nd1.4Ce0.2Sr0.4Cu1-x
          熱電能とホール係数

   2005年 InNbTeにおける超伝導と電荷密度波の圧力効果

   2004年 Pb
をドープした NbTe の非線形電気伝導
           InNbTeにおける比熱の
In濃度 x依存性



 ゼミテキスト   
   
   2015年 固体物理学 (改訂新版):21世紀物質科学の基礎 
          (イバッハ・リュート著:丸善出版
2012年刊)
    2014年 固体物理学 (岡崎 誠著:裳華房 2002) 
    2013年 物性論  ー 固体を中心とした ー (改訂版)
          (黒沢達美著;裳華房 2002年刊)1

   2012年 物性物理学 (永田 一清著:裳華房 2009年刊)1
   2011年 物性物理学 (塚田 捷著:裳華房 2007年刊)1

   2010年 固体物理学 (改訂新版):21世紀物質科学の基礎   
          (イバッハ・リュート著:シュプリンガー
ジャパン 2008年刊)
   2009年 固体物理学 (岡崎 誠著:裳華房 2002年刊)1
   2008年 基礎の固体物理学 (斯波弘行著:培風館 2007年刊)1
   2007年 固体物理学:新世紀物質科学への基礎 
          (イバッハ・リュート著:シュプリンガー
・フェアラーク東京 1998年刊)1
   2006年 固体物理学 (花村栄一著:裳華房
1986年刊)1
   2005年 物性論  ー 固体を中心とした ー
(改訂版)
          (黒沢達美著;裳華房 2002年刊)1
   2004年 物性物理 (家 泰弘著:産業図書
1997年刊1
   2003年 固体物理 (小林俊一著:丸善 19911
   2002年 固体物理の基礎 (下・Ⅱ) ー固体の物性各論ー
          (アシュクロフト・マーミン著:吉岡書店
1982年刊1
   2001年 固体物理の基礎 (下・Ⅰ) ー固体フォノンの諸問題ー 
          (アシュクロフト・マーミン著:吉岡書店
1982年刊)1


                                     
  卒業・修了後の進路(最近11年間)          

    
学類大学院進学 19名 ITコンサルティング 2名、ソフトウェア開発
         県立高校教諭 2名、県立中学校教諭、
法律学校進学、 
 
   修士モニター製造、ITCサポート、電子部品製造 4名、大学院進学、
         ファスニング・AP製造 2名、県立高校教諭 2名、合金素材製造
         自動車部品製造、外食産業、タイア製造、産業機械製造、
         特殊素材製造、ケーブル製造、プリンタ製造、通信インフラ設備




     社会貢献          

   
      ☆ 金大祭(ふれてサイエンス & てくてくテクノロジー) 2014年まで継続参加
                            公式案内のページへ
         超伝導現象って何だろう?            
         (高温超伝導浮上リニアモーターカー模型の展示)
                            これまでの参考ページへ


       第10回 理学の広場
         ~ 高校生のための理学体験セミナー ~       
          (物理体験セミナー: 身近な極限温度を体感 しよう
 
        
講師(平成27年8月7日 )
          石川県内5高校生徒25名(他高校教員数名)に2回実施

         第8回 理学の広場
          講師(平成25年8月6日 )
          石川県内5高校生徒51名(他高校教員数名)に2回実施
       
         第5回理学の広場  講師(平成22年8月9日)
          石川県内7高校生徒42名(他高校教員数名)に2回実施


         平成24年度金沢大学連携ゼミナール研修 高校物理ゼミ
           担当者:数物科学系教員4名、研修生:石川県立高校教諭4名
          成果発表:
           ・ 発表会(平成25年2月18日 金沢大学人間社会第2講義棟)
           ・ 金沢大学連携研修の成果 紀要第8号 pp.61-72
                    (石川県教育センター 平成25年2月発行)

        基礎物理学実験課題の開発 (日本物理学会北陸支部
                     定例学術講演会:平成20年12月5日)

       金沢泉丘高校 スーパーサイエンスハイスクール
           A I プロジェクト 研究課題 「高温超伝導体における
          磁気浮上現象」 に協力(平成20年度前期)
          A I プロジェクト・SSH発表会

       体験学習(金沢子ども科学財団主催
                      いしかわサイエンス21協力)
          超伝導現象と低温の不思議 提供平成19年3月)

       小松高校 特別講座
          「超伝導から高温超伝導へ」 講師(平成8年11月)